ふぁうんてんGP

おしゃべり好きな管理人・泉杏(いずみ あん)が、マイペースに好き勝手書いてます。家作りの記録も。

コメントの認証が上手くいかない場合は、対処法が書かれた記事などを参考に試してみて下さい。

ゆうパックの料金を一部切手で払うなど

今日は送りたい荷物があったので、郵便局に行ってきました。

昨夜フと「そう言えばゆうパックって切手で払えたっけ?」と思い、今朝調べてみたらゆうパックは切手で料金を支払えると確認できたので、余ってる切手がないか調べてみる事に。前に家にある切手を数えてみた事があったが、その後普通に切手を使ったり私製ハガキを処分したり(使わない為)で必要枚数が大分変わったからなぁ。

確認した結果、82円切手3枚・52円切手2枚が余ってました。計350円分ですな。これを持って郵便局へ。今回のゆうパックの料金は620円だったので、残り270円を現金で払えばOKに。ちなみに渡した切手は送り状にペタペタ貼られましたとさ。…見た目がアレだがまあいいか。

ちなみに書き損じハガキ(年賀状)が1枚あったのでついでに交換してもらおうと思ったんだが、ゆうパック出す時にうっかり忘れてしまったので、また待機列に並ぶと言うミスをしてしまったり(汗) 書き損じハガキは手数料+差額の15円を払って、62円切手に交換してもらいました。書き損じハガキ等の交換についてはコチラ参照で。

そんな訳で現在家にある切手とハガキは下記の通り。まだまだ切手とハガキは買わなくて大丈夫そうだな。前にも書いたが、最近手紙出す頻度が激減してるからなかなか減らないからね。

  • 2円切手 - 3枚
  • 3円切手 - 2枚
  • 5円切手 - 2枚
  • 10円切手 - 6枚
  • 30円切手 - 5枚
  • 52円切手 - 6枚
  • 62円切手 - 1枚
  • 80円切手 - 1枚
  • 金額(52円)が印刷されているハガキ - 5枚

郵便局使い倒し手帳 (リンダパブリッシャーズの本)