雑記や日記、時々家作り。

おしゃべり好きな管理人・泉杏(いずみ あん)が、マイペースに好き勝手書いてます。

本を買ったらまずしている事

今日は好きな本の最新刊の発売日なので、早速買い物ついでに本屋に寄って買ってきました。ちなみに数日前に金券ショップで図書カードを買っておいたので、それ使って購入(そうすると少しお得に買える)。

本を買ってきたら読む前にまず透明のカバーをつける事にしている。汚れたらイヤなので。A5サイズのを切らしていたので他の本屋で購入(本を買った本屋には透明カバーが売ってない)。今回買ったカバーは『ブッカー君』だが、他にも『カバーる』とか『ミエミエ』とかあるよね。

さて、今日買ってきた本のサイズはA5変形なので、幅はいいけど高さが余る(下の写真2枚目参照)。なので要らない部分を少し残して切り落し(写真3枚目参照)、残した部分にセロテープを貼って(写真4枚目参照)折ってくっつけたら完成。

  • 作業前の写真
  • 本にカバーをつけたけどカバーが余った写真
  • 要らない部分をハサミで切り落した写真
  • 残した部分にセロテープを貼った写真

昔はカバーつけてなかったんだけどね。でもつけないと汚れちゃうのでつけるようになった。まず紙のカバー(包装紙とか)をつける事を考えたんだが、そうするとパッと見で何の本かわかんないし、かと言って字が汚いので紙のカバーに自分で書くのもちょっとなと。

そこで最初はトレーシングペーパー(写し紙)でカバーしてみた。…が、折った部分が厚くなって白さと言うか透明度が違くなるのがなんか美しくなくてね。大きいトレーシングペーパー売ってる店を探すのも大変だったので、透明カバーに落ち着いたと。

やっぱり本の透明カバーは、ちゃんとそれ用に作られてるので見た目も綺麗でいいやね。変形サイズの本の時は今日みたいに加工しないとなのがアレだが。