おしゃべりカプリッチョ

おしゃべり好きな管理人・泉杏(いずみ あん)が、マイペースに好き勝手書いてます。

初めて工務店の人と会う

一昨日は家の打ち合わせで、朝10時に建築事務所へ。早速前回の書類で間違ってる所などを話す。すると言い忘れたと建築家が、「(10時)15分に工務店の方がいらっしゃる事になってて…ああ、もう来ましたね。」

事務所の入り口に目をやると、作業着姿のおじさんと兄ちゃんの2人組の姿が。2人は中に入ると、まず名刺を渡してきた。この名刺、紙じゃなくて木でできてる!木なのに薄い!スゲーッ!…と、内心メッチャテンション上がったが、とりあえず名刺に関する事は何も言わずに挨拶を交わす。名刺を見ると、おじさんの方は社長(代表取締役)さんらしい。兄ちゃんの方は社長と同じ名字だし顔も似てるので、多分息子さんだと思う。

とりあえず前回の書類の間違ってる所の話は後回しにして、工務店さんから話を聞く。この工務店は無垢の木推しの会社だそうで、1年に1度『木材まつり』と言うのを開催しているらしい。木に触れてもらう為、釘打ちやかんな削りの体験イベントとかやるらしい。…メッチャ興味あるわー。旦那にも「あなた好きそう(なイベントだね)。」と言われる。5月開催で4月18日までに申し込みが必要なので(先着300名までらしいので)、近々申し込みしようかと。ちょっと場所が遠いけど。

また、まつりでは職人さんが1人1点何かを作ってくるらしく、それが当たる抽選会も行われるらしい。実は数年前に建築家がこの祭りに参加して、抽選でベンチが当たったらしい。そのベンチは事務所の外(出入り口の横)に置かれてるとの事。帰る時に見たけど、「これタダでもらえるの!?」ってぐらい良いベンチだったり。まあ持って帰るの大変だったとの事だが。

そう言えば工務店に、フローリングは浮造り(うづくり)加工にしたいって言ったんだが、浮造りはデコボコしてるからキズがつきやすく、またテーブルなどの家具がガタつくので、天井や壁はいいけど床にはオススメしないとの事。テーブルがガタつくのは困るなぁ(そう言うのメッチャ気にする人)。んじゃ浮造りはやらなくていいや。その方が安いし。肌触りは好きなんだけどね。

無垢の木推しの会社なだけあって、カウンターテーブルも無垢の木で作ったりするらしい。…フローリングどこの使おうか悩んでたが、工務店に任せた方が安くていいの用意できそうな感じだな。樹種は選ぶがメーカーとかはお任せするかな。カウンターテーブルも無垢の木にできるかも(金額にもよるが)。

時計見てないから正確な時間はわからないが、工務店は1時間ぐらい話をして帰っていきました。あと、工務店のカタログとかももらいました。

その後、引き続き今回の書類を見ながら、前回の書類の間違ってる所を話したり。またこの前ショールームに行って壁紙を決めたので、それも建築家にご報告。

ああ、キッチンの換気扇だが、プロペラファンでフードなしにしようとすると、業務用のゴツイのつけないといけないっぽいので、プロペラファンは断念する事に。気軽にホームセンターで換気扇カバー買えないんじゃ意味がない。そんな訳で、フードと本体の掃除が大変じゃなさそうなシロッコファンを探すか。

次回の打ち合わせは、来月下旬に工務店で行う事になりました。そこで契約をする予定。3月までに契約しないと、金額が上がりそうな為(10月に消費税が上がる予定だから)。工務店には色んな木材(材木?)が置いてあるそうなので、その辺も見て回れる事になりました(なので半日ほど時間見た方がいいとの事)。木材見て回るの楽しみーっ(ホームセンターのそう言う売り場が大好きだったりする)。

ああ、そうだ。キッチンと風呂の詳細を決めに、打ち合わせ前(なるべく早く)にショールームに行く事になった。今までのような自由見学ではなく、事前に予約して相談しないといけない。相談して詳細が決まると『見積もり番号』ってのが聞けるそうなので、その番号を聞いて建築家に伝えないといけない。そんな訳で昨日、予約の電話をしました。希望通りの日時で予約できたのでホッとしたり。

そんな訳で次回の家作り体験記は、工務店で契約の話ではなく、ショールームで詳細決定の話になる予定です。

…書き忘れた事があったので最後に書くが、当初の予定では6月頃に完成予定だったんだが、やっぱり間に合わないらしく、早くても秋完成になるそうです。今のアパートの更新が6月だからできればその前にしたいってだけだったので、まあ無理なら無理でいいやと。そんな訳で急がなくても大丈夫になりました(契約は3月までじゃないとだが)。